ガータークレーン足場 | 足場組立・鳶工事のKRS株式会社【岐阜県土岐市】
ガータークレーン足場 | 足場組立・鳶工事のKRS株式会社【岐阜県土岐市】

ガータークレーン足場

ガータークレーン足場の足場組立 | 足場組立・鳶工事のKRS株式会社【岐阜県土岐市】

ガータークレーン足場とは、工場などの天井にあるガータークレーンの上に組む足場になります。
工場稼働への支障が少なく、少ない足場資材で工期も短く、コストカットまでできる足場です。

工場内の天井に防災設備や照明などを取り付ける際に使用される足場で、工場に設置されている移動式のクレーンの上に足場を組立てます。
移動式のクレーンの上に足場を組立てるので、一度足場を組んでしまえばあとはクレーンを移動しながら作業が行えるようになるのが特徴です。

ガータークレーン足場のメリット・デメリット

天井の工事を行う際に使用されているガータークレーン足場。
防災設備や照明などを工場屋内の天井に取り付けるといった比較的小規模な工事に適した足場です。

ガータークレーン足場は、クレーンの上に組む足場なので足場資材が少量で済みますし、クレーン下の設備や製品の移動を必要としないので工場稼働への支障が最小限で済みます。
また、足場資材が少量で済む足場でもあるので、工期の短縮とともにコストカットにもつながります。

ガータークレーン足場を組立てるには、高所へ足場材を荷揚げする必要があります。
通常は高所作業車で資材を荷揚げをするのですが、高所作業車が入れない場合は1スパン角のステージを組んで荷揚げをすることも可能です。

ガータークレーン足場を組立てるポイントは、いかに安全な足場を組立てれるかどうかです。
足場を使用する職人さんが100%安心して使用できるように、高い技術と精度の高い補強をもって移動するクレーンに耐えうる足場を組立てなければなりません。
また、足場を組立てる場所が高所で狭小地になりますので、組立ての際には細心の注意を払って作業をする必要があります。
クレーン上では高圧電流が流れているので、電気に対する知識とともに工場サイドとの連携も必要となってきます。

日ごろから「安全管理の徹底」や、「技術力向上」を意識していることが、安心・安全な足場を組立てることに繋がっています。

  • ガータークレーン足場の足場組立て1
  • ガータークレーン足場の足場組立て2
  • ガータークレーン足場の足場組立て3